【業務用サウナの選び方】押さえておきたい3つのポイント

【業務用サウナの選び方】押さえておきたい3つのポイント

健康志向やアウトドアブームを追い風に「第三次サウナブーム」を迎えるサウナ業界。宿泊施設やアウトドア施設でも、新たな集客の目玉として業務用サウナの導入を検討している事業者も多いようです。

しかし実際にサウナを導入しようにも「選び方のポイントが分からない」といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、業務用サウナの導入を検討している方に向けて、これだけは押さえておきたい選び方のポイントを解説します。導入前の参考材料としてご活用ください。

 

ポイントは3つ!業務用サウナの選び方 

業務用サウナとは、宿泊施設やアウトドア施設など商用目的で設置するサウナのことです。近年のサウナブームで新規で業務用サウナを導入する施設も増えていますが、これから導入する場合には次の3つのポイントを押さえておきましょう。

1.既製品を購入するかオーダーメイドで設置するか

2.国内ブランドか海外ブランドか

3.置き型タイプか埋め込み型タイプか


ポイント1.既製品を購入するかオーダーメイドで設置するか

1つ目のポイントはサウナを購入するかオーダーメイドで設置するかです。

サウナを購入するメリットとして、すでに既製品として出来上がっているサウナを購入するため、簡単な工事で導入ができます。ブランドやメーカーが安全性や耐久性にこだわって製造しているため、安心して使用できる点もメリットです。一方で、既製品のためデザインやサイズが限定される点はネックとなります。

オーダーメイドのメリットは、サウナのデザインやサイズ、機能といった設計部分を自由にカスタマイズできる点にあります。業務用なら施設のイメージや世界観に合わせたアレンジができるため、統一感のある空間設計が可能です。ネックとなるのが工事費や価格が高くなること。また、ある程度の工事期間が発生するため、施設の開業に間に合うかも気になるポイントです。

 

ポイント2.国内ブランドか海外ブランドか

2つ目のポイントとして、国内ブランドと海外ブランドどちらのサウナを選ぶのかが挙げられます。

ヨーロッパを中心にサウナの海外ブランドは多数存在し、日本向けの販売も増えています。代理店を介しての購入だけでなく通販での直接購入が可能で、種類が多い点や比較的安価に購入できる点がメリットです。

一方で海外から輸入するとなると、配送までの時間がかかるため、納品や調達のタイミングが予想しづらくなります。また、導入後の修理やメンテナンスに合わせて、現地からパーツを取り寄せる必要があれば、営業に支障をきたすでしょう。海外ブランドのサウナを購入する場合は、国内の代理店の有無やパーツ調達のしやすさを事前に確認しておくのが大切です。

国内ブランドであれば、輸送距離も短く材料の調達もスムーズに進むため、納品やメンテナンスの手間を軽減できます。言葉の壁や商習慣の違いがないため、問い合わせや相談をしやすい点もメリットです。実際に現物を見られる点も好材料でしょう。一方で海外に比べてややコストが高い点や、サウナのバリエーションが限られる点はネックです。

 

ポイント3.埋め込みタイプか据え置きタイプか

3つ目のポイントは置き型タイプか埋め込み型タイプか。

業務用サウナには、置き型と埋め込み型の2つのタイプがあります。置き型はボックスのような完成されたサウナを設置する方法で、取り付け工事が簡単で導入コストを抑えることができます。一人用タイプなどバリエーションが幅広いのも魅力です。

埋め込み型は施設の間取りに合わせて、サウナを埋め込むタイプです。スペースに無駄なくサウナを設置でき、機能やデザインなどの自由度が高くなります。

埋め込みと据え置きを選ぶ際のポイントとして、施設の可変性がポイントとなるでしょう。埋め込み型は施設内にサウナを常設するなら問題ありませんが、シーズン毎や屋外イベントに運び出すことはできません。その点据え置き型なら、さまざまな利用形態の応じて柔軟性のあるサウナ利用が可能となります。

 

 

ONE SAUNAなら企画から設計まで手厚くフォロー。可変性の高さも◎

今回は業務用サウナの選び方を3つのポイントから解説しました。業務用サウナを選ぶ際は、まず1)既製品を購入するのか・オーダーメイドで設置するのかを検討します。次に、2)導入するサウナを国内と海外、どちらで探すのか検討しましょう。最後に、3)サウナのタイプは埋め込み型と据え置き型のどちらにするのか、サウナ導入度の運営方法も念頭に決めていきます。

純国産のバレルサウナを販売するONE SAUNAでは、業務用サウナの販売はもちろん、プロジェクトの企画から設計まで幅広いサポートをご提供しています。バレルサウナは組み立て式を採用しているので、可変性が高く施設のアイデアに合わせて柔軟な対応が可能。また、国産ブランドならではのアフターサポートの手厚さで、導入後も安心してご利用いただけます。

サウナの導入や、サウナを活用した新たな集客施策をご検討中なら、ぜひONE SAUNAへお問い合わせください。

 



■ONE SAUNAについて

https://onesauna.jp/

ONE SAUNA は全国の生産地と連携し、国産木材でつくる地産地消のバレルサウナを提案しています。

バレルサウナの製造のみならず、サウナのある暮らしをご提案。SAUNA YARD 、APPAREL、COSME、GOODSの展開も行っています。


 ■ONE SAUNA ご注文方法
https://onesauna.jp/pages/onesauna-order

■ONE SAUNAに関するお問い合わせ先
https://onesauna.jp/pages/contact

 

ONE SAUNA製品のご紹介:https://onesauna.jp/collections/barrelsauna

ONE SAUNA 導入事例 :https://onesauna.jp/blogs/one-sauna-style

ONE SAUNA STYLE

ONE SAUNA対談 vol.1|SANU Hilo Homma
ONE SAUNA対談 vol.1|SANU Hilo Homma
Talk about ONE SAUNA vol.2 /北限のスギでつくるサウナに込めた想い
Talk about ONE SAUNA vol.2 /北限のスギでつくるサウナに込めた想い
サウナ販売にとどまらない、ONE SAUNA(ワンサウナ)の魅力
サウナ販売にとどまらない、ONE SAUNA(ワンサウナ)の魅力
ROOFTOP SAUNA
ROOFTOP SAUNA

ONE SAUNA PRODUCTS

バレルサウナ(宮崎県産)
バレルサウナ(宮崎県産)
バレルサウナ(宮崎県産)
価格
¥1,370,000から
バレルサウナ(北海道産)
バレルサウナ(北海道産)
バレルサウナ(北海道産)
価格
¥1,370,000から
バレルサウナ(香川県産)
バレルサウナ(香川県産)
バレルサウナ(香川県産)
価格
¥1,370,000から
パノラマビューオプション
パノラマビューオプション
パノラマビューオプション
価格
¥300,000

お問い合わせ

お見積りのご要望や資料請求はこちらから