購入前に知っておきたい家庭用サウナの種類とタイプの違い

購入前に知っておきたい家庭用サウナの種類とタイプの違い

自宅でサウナを楽しむ家庭用サウナ。サウナ人気の影響もあり、「もっと頻繁にサウナを楽しみたい」「いつでも気兼ねなくサウナ時間を満喫したい」といった方が購入を検討する機会も増えてきました。一方で家庭用サウナには種類やタイプなど、購入前に確認しておきたい項目が存在します。

今回は家庭用サウナの種類やタイプ別の特徴の違いについて解説します。購入前の参考材料としてご活用ください。
 

家庭用サウナは「乾式」と「湿式」に種類が分かれる 

家庭用サウナは、自宅に設置して楽しむことができるサウナです。近年はサウナブームの影響もあり、家庭でサウナを楽しみたいというニーズが増加。各メーカーやブランドからもさまざまなサウナが登場し人気を集めています。

さて、実際に家庭用サウナを購入する場合は、事前にサウナに関しての知識を深めておくのがおすすめです。まずはサウナの種類の違いから見ていきましょう。サウナの種類は、大きく乾式と湿式の2つに分けられます。


乾式サウナ│高温低湿で日本では主流

ドライサウナとも呼ばれる乾式サウナは、日本ではポピュラーな種類のサウナです。温度が80℃~100℃と高温に設定されており、湿度が低くカラカラとしているのが特徴。やや息苦しくなるほどの熱気で思い切り汗をかけるため、入浴後の爽快感を楽しめます。

日本ではスーパー銭湯や宿泊施設で定番のタイプで、サウナと聞くと乾式サウナを連想する方も多いでしょう。

 

湿式サウナ│やや低温で湿度が高くサウナブームをけん引

湿式サウナは、蒸気や霧を発生させて湿度を高く保ったサウナの種類です。スチームサウナやミストサウナといった呼ばれ方で知られており、40~60℃とやや低めの温度設定でじんわりと温まるのが特徴。湿度が高いため体感温度が高く、体の芯から汗が吹き出るような感覚です。デトックスや美容効果が高い点も特徴で、近年のサウナブームでは湿式サウナがけん引役を担っています。

とくに熱々のサウナストーンに水をかけて蒸気を発生させる「ロウリュ」は、日本では新感覚の体験として人気が沸騰。サウナの本場・フィンランドの伝統が、日本であらためて評価されています。 


家庭用サウナのタイプは「埋め込み」と「据え置き」の2種類から選ぶ

家庭用サウナには種類の違い以外にタイプの違いがあります。タイプは埋め込みと据え置きに分かれますが、それぞれの特徴をメリットとデメリットに分けて解説します。

埋め込みタイプ 

埋め込みタイプは、自宅の間取りやスペースに合わせて埋め込むタイプの家庭用サウナです。

メリットとして、家庭の間取りに合うように工事して設置できるため、デットスペースが生まれず自由度の高いサウナを実現できます。

デメリットとしては、設置時の工事費がやや割高になること。また賃貸のマンションでは大規模な工事は大家の許可が必要です。場合によっては許可が下りないケースや、退去時に原状回復が必要となりコストが膨らんでしまう可能性があります。

据え置きタイプ

据え置きタイプは、ボックス型のサウナやバレルサウナのように、既製品を設置するタイプです。例えば室内工事ができず埋め込みタイプを設置できない場合に、「バルコニーや駐車場スペースにサウナを置く」といったケースでは据え置きタイプが便利です。すでに完成している状態で購入できるため、埋め込みに比べ簡単な取り付け工事だけで済みます。

また屋外の庭や屋上のように広いスペースが確保できるなら、バレルサウナのような大型の据え置きタイプが人気です。屋外はスペースを広く確保できるため、サウナのサイズも大きめに設計可能。家族や仲間などコミュニティ単位で利用できます。また外観や庭のデザインといった「空間そのもの」にこだわれるのも屋外タイプの魅力で、自分好みのサウナスペースをとことん追及できます。

デメリットとしては既製品を使用するため、埋め込み型に比べデザインや自由度が制限されること。また屋外に設置する場合はプライバシーを確保するため柵を設置するといった別途工事が発生します。

 

まとめ

今回は家庭用サウナの購入前に押さえておきたい種類やタイプの違いについて解説しました。

家庭用サウナの種類は「乾式」と「湿式」に分けられます。乾式は高温で湿度が低くカラカラとしているのが特徴。一気に汗をかく爽快感が魅力です。湿式はやや低温で湿度が高く、体の奥からじんわりと温まるような感覚が人気です。

またサウナのタイプはオーダーメイドで設置する「埋め込み」型と、既製品を簡単な工事で設置する「据え置き」型に分けられます。据え置き型にはバレルサウナのように屋外向けの商品もあるため、設置場所の自由度が高いといえます。

純国産のバレルサウナを販売するONE SAUNAでは、サウナの販売だけでなく空間設計まで提案可能です。 サウナの外観や庭のデザインまでご要望に合わせた最適な設計をご用意。理想のサウナ空間を形にできます。

 



■ONE SAUNAについて

https://onesauna.jp/

ONE SAUNA は全国の生産地と連携し、国産木材でつくる地産地消のバレルサウナを提案しています。

バレルサウナの製造のみならず、サウナのある暮らしをご提案。SAUNA YARD 、APPAREL、COSME、GOODSの展開も行っています。


 ■ONE SAUNA ご注文方法
https://onesauna.jp/pages/onesauna-order

■ONE SAUNAに関するお問い合わせ先
https://onesauna.jp/pages/contact

 

ONE SAUNA製品のご紹介:https://onesauna.jp/collections/barrelsauna

ONE SAUNA 導入事例 :https://onesauna.jp/blogs/one-sauna-style

ONE SAUNA STYLE

ONE SAUNA対談 vol.1|SANU Hilo Homma
ONE SAUNA対談 vol.1|SANU Hilo Homma
Talk about ONE SAUNA vol.2 /北限のスギでつくるサウナに込めた想い
Talk about ONE SAUNA vol.2 /北限のスギでつくるサウナに込めた想い
サウナ販売にとどまらない、ONE SAUNA(ワンサウナ)の魅力
サウナ販売にとどまらない、ONE SAUNA(ワンサウナ)の魅力
ROOFTOP SAUNA
ROOFTOP SAUNA

ONE SAUNA PRODUCTS

バレルサウナ(宮崎県産)
バレルサウナ(宮崎県産)
バレルサウナ(宮崎県産)
価格
¥1,370,000から
バレルサウナ(北海道産)
バレルサウナ(北海道産)
バレルサウナ(北海道産)
価格
¥1,370,000から
バレルサウナ(香川県産)
バレルサウナ(香川県産)
バレルサウナ(香川県産)
価格
¥1,370,000から
パノラマビューオプション
パノラマビューオプション
パノラマビューオプション
価格
¥300,000

お問い合わせ

お見積りのご要望や資料請求はこちらから