サウナ開業前に知っておきたい安全性の話。消防法について解説

サウナ開業前に知っておきたい安全性の話。消防法について解説

サウナ室内を温めるためのサウナストーブには、電気やガス、薪といった熱源を使用します。こうした熱源は事故や火災の恐れがあり、しっかり安全性を確保することが欠かせません。こうした熱源に関する安全性の基準として設けられているのが消防法です。

今回はサウナ開業前に確認しておきたい安全性の話として、消防法について解説します。


サウナの安全性確保に欠かせない消防法の知識

消防法とは、1948年に交付された火事の予防や、万が一火災が発生した際の被害拡大を防ぐための法律です。消防法の第一章第一条には以下のように記載されています。

この法律は、火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行い、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資することを目的とする。

 サウナでは室内を温めるために熱源を使用します。熱源はサウナストーブの種類によって電気やガス、薪などさまざまですが、いずれも誤った使い方やメンテナンスを怠ると事故や火災につながります。


サウナ開業を目指す事業者にとって、お客様の安全を守ることは責務です。開業前には専門知識に長けた施工業者への相談や、自分達で消防法に関する情報をしっかり収集するなどして設計や施工を進めていきましょう。

 

 

消防法で設けられているサウナの安全基準

では消防法ではサウナに関して、どのような安全基準が設けられているのでしょうか。ここでは大きく、電気ストーブを使用する場合と、ガス・薪ストーブを使用する場合の安全基準をご紹介します。


【電気】

・サウナの熱源は、壁、床等に堅固に固定する

・サウナ室には、異常に温度上昇したときに自動的に電源を遮断できる自動停止装置を設ける(自動停止装置の温度検出には、温度ヒューズを組み込む)

・温度調節器及び温度過昇防止器は、サウナ室の床から天井までの高さの概ね 2/3 以上の位置に取り付ける

・ファンを用いるサウナの熱源は、ファン停止の際に熱源の電源を遮断することができる装置を設ける

・サウナ放熱器には容易に人が触れることができないような囲いや柵等を設ける


など


【ガス、薪】

・ガス・薪を使用した熱源は床に固定する

・排ガスや煙が漏れないように、耐食性・耐熱性のある放射管を用いる

・燃焼排ガスや煙は室外へ出すようにする

・機械室の内装には不燃材を使用する

・屋内の電線には、M1ケーブルをはじめとした耐湿性・耐熱性を備えたものを使う


など

※より詳細は内容に関しては、日本サウナスパ協会から発行されている「サウナ設備設置基準」を参考にしてください。

 



テントサウナに消防法は適用されるのか?

さて近年ニーズが高まっているテントサウナですが、事業用にテントサウナを使用する場合、消防法は適用されるのでしょうか。

結論から述べると、テントサウナには消防法は適用されません。しかし消防法が適用されないからといって、安全の確保や対策を怠ってよい訳ではありません。サウナを提供するなら、お客様の安全を確保するための対策やオペレーションの構築は事業者の責務と言えます。

その他にも「テントサウナの煙突から煙が出ているのを火事と誤解して、消防署へ連絡をした」といった事例も想定されることから、イベントの開催や商用目的でテントサウナを設置する場合は、最寄りの消防署や自治体への確認を行っておくと安心です。

 


日常的にサウナの安全性を保つための取り組み

最後に消防法以外にも日常的にサウナの安全性を保つための取り組みをご紹介します。


サウナ機器の動作確認や万が一を想定した対策を検討しておく

サウナの安全性を保つための取り組みとして、日常的なサウナ機器の動作確認が挙げられます。例えば、

・運転・停止スイッチの動作確認

・温度調節器の動作確認

・設定温度の確認

といった機器の安全確認や事故や火災を予防するための取り組みは大切です。

サウナ周辺に加熱物を置かない、日常的なメンテナンスや修繕作業をこまめに行う、といった基本的な対策を徹底することも安全確保に繋がります。こうした確認項目をリスト化して、毎日決まった時間にチェックするようオペレーションを組んでおくと効果的でしょう。

その他にも、万が一事故や火災が起きたときの対策も検討しておきましょう。

・防火を管理する人の選任

・消防計画を作る

・定期的な避難訓練の実施

・火災報知器の設置

など、万が一の事態でも被害を最小限に食い止める対策を用意しておくことも、安全性を保つための要件です。


国産のバレルサウナで安心安全なサウナ運営を

事業としてサウナ開業を目指す場合は、消防法の基準に則った設計や施工、オペレーションの構築が必要となります。熱源を使用するサウナは、取り扱いを誤ると事故や火災につながる恐れがあります。快適でリラックスした時間を楽しむ空間だからこそ、受け入れる側は安心安全につながるサウナ運営を心掛けたいものです。

ONE SAUNAでは純国産のバレルサウナを販売しています。純国産ならではの質の高い製造工程で安心安全なサウナ空間をご提案いたします。

 

 



■ONE SAUNAについて

https://onesauna.jp/

ONE SAUNA は全国の生産地と連携し、国産木材でつくる地産地消のバレルサウナを提案しています。

バレルサウナの製造のみならず、サウナのある暮らしをご提案。SAUNA YARD 、APPAREL、COSME、GOODSの展開も行っています。


 ■ONE SAUNA ご注文方法
https://onesauna.jp/pages/onesauna-order

■ONE SAUNAに関するお問い合わせ先
https://onesauna.jp/pages/contact

 

ONE SAUNA製品のご紹介:https://onesauna.jp/collections/barrelsauna

ONE SAUNA 導入事例 :https://onesauna.jp/blogs/one-sauna-style

ONE SAUNA STYLE

Talk about ONE SAUNA vol.2 /北限のスギでつくるサウナに込めた想い
Talk about ONE SAUNA vol.2 /北限のスギでつくるサウナに込めた想い
サウナ販売にとどまらない、ONE SAUNA(ワンサウナ)の魅力
サウナ販売にとどまらない、ONE SAUNA(ワンサウナ)の魅力
ROOFTOP SAUNA
ROOFTOP SAUNA
SAUNA TRAILER
SAUNA TRAILER

ONE SAUNA PRODUCTS

バレルサウナ(宮崎県産)
バレルサウナ(宮崎県産)
バレルサウナ(宮崎県産)
価格
¥1,370,000から
バレルサウナ(北海道産)
バレルサウナ(北海道産)
バレルサウナ(北海道産)
価格
¥1,370,000から
バレルサウナ(香川県産)
バレルサウナ(香川県産)
バレルサウナ(香川県産)
価格
¥1,370,000から
パノラマビューオプション
パノラマビューオプション
パノラマビューオプション
価格
¥300,000

お問い合わせ

お見積りのご要望や資料請求はこちらから